急性痛とは

急性痛(急性症状)とは、怪我や病気などにより、その部位に限定して起こる急激な痛みです。障害の程度に依存した痛みがあります。

火傷や腹痛、骨折や捻挫、肉離れなどの炎症反応など、1、2週間程度で治るような痛みを言いますが明確な定義は無いようです。

慢性痛とは

慢性痛(慢性症状)とは、急激な痛みではなく、時間の経過とともに痛くなるものです。あきらかな障害がない神経痛や関節痛の他、癌の痛みなどがあります。

慢性痛は中々治らないため、二次的に鬱(うつ)や不眠、倦怠感など、あらゆる症状に悩まされます。

急性期のマッサージ

症状が強い場合はマッサージできませんので医療機関でしっかり診てもらいましょう。急性症状は一種の生体防御反応です。炎症が治まるまで安静にしましょう。

捻挫やぎっくり腰(急性腰痛症)、寝違え(急性疼痛性頚部拘縮)などは繰り返し起こりやすいです。共通して考えられる原因は筋肉の柔軟性の低下です。

年齢と共に基礎代謝は落ち、回復力が低下します。つまり疲労が残りやすいため筋肉が硬くなる。

硬くなった筋肉は本来の力を発揮出来ず、身体の使い方によって筋繊維が傷み炎症を起こします。

マッサージや指圧、ストレッチを上手に取り入れて、日頃から筋肉をメンテナンスしましょう。

慢性期のマッサージ

慢性症状の場合、マッサージや指圧はとても有効です。

(ただし隠れた病気や骨粗鬆証、癌の可能性を排除しなければなりません。心配な方は医療機関を受診し問題ない事を確認しましょう。)

一般的な疲労による肩こりや腰痛、足の疲れなども慢性症状です。ぎっくり腰や寝違い、捻挫などの予備軍でもあります。

また長期間放置する事で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性関節症などの原因になりうるものです。

筋肉や神経、身体は全て細胞で出来ています。細胞は栄養と酸素を取り入れて役割を果たし、二酸化炭素や代謝産物(ゴミ)を出します。

つまり血液は食料であり、ゴミ収集車でもあります。食糧不足、ゴミが溜まれば本来の機能を発揮しませんし、治るものも治りません。

マッサージで血液を流すという事は、細胞を活性化させる事になります。

指圧では興奮した交感神経を鎮めて緊張した筋肉をやわらげます。また副交感神経が作用する事で腸が動くなど自律神経が安定し、精神が落ち着きます。

日頃からマッサージや指圧、ストレッチを行い、心身ともにいつも元気な身体を作りましょう。