首が凝りすぎて気持ち悪い。

首の凝りと気持ち悪さ

頭の重さは4〜5kg程度あり、その頭を支える首の筋肉は常に働いています。長時間の不良姿勢により首の筋肉は疲労します。例えばパソコンやスマホによる姿勢、ストレートネック、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア等からの疲労があります。スマホ首の人、沢山いますね。疲労すると乳酸が蓄積して毛細血管が収縮、栄養不足になった筋細胞は硬くなりコリとして現れます。コリがひどくなると神経細胞が圧迫されて痺れたり、吐き気や気持ち悪さから集中力もなくなります。また首まわりが冷えても筋肉が硬くなります。我慢しすぎて頚椎に負担がかからないよう注意しましょう。

首の筋肉量

欧米人に比べてアジア人は筋肉量が少なく疲労しやすいようです。また首の細い女性は筋肉量が少ないせいか、男性に比べて首の痛みを訴える方が多いです。加齢と共に筋肉量は落ちるので、日頃の体操はとても重要です。

首の筋肉をほぐしてリフレッシュ

首の筋肉は、頭を動かす役割の他に、肩を持ち上げる大切な働きがあります。首の体操や首のマッサージは、その両方の動作を意識して行いましょう。ただし首の筋肉は細く薄い筋肉が多いので、強引な体操やマッサージをすると傷めやすいのでゆっくり丁寧に行いましょう。当院では首の前後左右、頭部周り、肩までしっかり施術します。自分でやるのは良く分からない方は是非ご利用下さい。スッキリしてまた元気なカラダになりましょう。

次の記事

腰が伸びななくて辛い。