在宅の運動不足に注意しよう。

コロナ禍で在宅ワーク(テレワーク?)やリモート授業で運動不足になっていませんか。

デスクワークはただでさえ運動不足になりがちなのに、通勤・通学が無くなって歩く機会がなくなるとコレはもう筋力が落ちて大変です。

運動不足になれば筋肉のコリだけでなく関節の拘縮、血液やリンパ液の停滞、自律神経の不調などが生じます。

治る程度の身体の変化であれば良いですが、軟骨や骨の変形は一生治りませんし、ストレスから病気になる事も多いです。

既に痺れが出てしまっている人は要注意ですね。

若いうちは代謝が良いのであまり気になりませんが、中年期以降は早いうちから意識の変化が必要です。

筋肉のコリ、関節の動きが悪くなる。

筋肉は常に関節を固定し姿勢を維持しています。

長時間の姿勢維持により筋疲労を起こした結果、筋肉が硬くなってコリになります。

「何もしていないのにコリが出る。」と言われる方がいますが、身体を動かしていなくても筋肉は常に働いています。

長時間のPC作業やスマホの使用で身体がガチガチに凝ってしまう人はとても多いですね。

筋肉や関節の動きが悪いと身体が重たくなります。何枚も重ね着をすると動きづらいと思いますがそれに似ています。

また慢性的になると関節を傷め、軟骨や骨の変形が起こります。椎間関節症やヘルニア、脊柱管狭窄症など、骨が変形したら自然と治る事はありません。

長時間の姿勢が続くようであれば数時間ごとに身体を動かして上げましょう。また日頃から筋トレをして疲れにくい身体を作るのも良い方法です。

血液やリンパの流れが低下する。

足の筋肉は血液やリンパ液を流す為の重要なポンプです。つまり普段から足を使わない人はそれらの流れが悪くなります。

血液は各細胞への酸素や栄養を運びます。せっかく食べた栄養や新鮮な酸素が細胞に行き届かなければ、細胞は代謝出来ずに本来の機能を発揮できません。

またリンパ液の流れが悪くなれば、細胞から出た代謝産物、不要なゴミを回収できずとどまってしまいます。

これらの循環が悪くなると、筋肉のコリだけでなく、怪我がなかなか治らなかったり、内臓や肌のトラブル、冷えやむくみ等、良い事は何もありません。

自律神経の乱れ

これらの体調変化が精神的なストレスにつながると自律神経の活動が乱れる可能性大です。

ストレスに晒されると交感神経の活動が強くなり、副交感神経の活動が低下します。

身体が緊張して不眠症や高血圧になったり、消化不良、便秘、冷え等を誘発します。

出来る範囲で気楽に運動しよう。

学生も働き盛りの人も在宅による運動不足から誘発される様々な病気や身体トラブルの予備軍として深刻な状況なのでは?と思います。

長寿大国となった今、いつまでも元気に動ける身体作りは必要です。

健康寿命を延ばす為にも、出来るだけ早いうちから意識を持って筋力と柔軟性を維持した方が良いですよ。

無理せず運動、柔軟、ストレス発散を心掛け、みんな元気にコロナ禍を乗り越えて欲しいと思います。

前の記事

伸ばしにくい手足の関節